茨城県常総市にある1級建築士事務所

BLOG
ブログ

床下調湿材

2018.08.21

今日の茨城県常総市は曇り。また台風が近づいてますね。被害が出ないことを祈ります。

こんにちは。自然素材の家づくりにこだわる 建築アトリエ夢空間マツダ 一級建築士の松田直樹です。

只今着工中の「下屋のある家」の進捗状況です。

床下調湿材

根太を敷き終えましたので、床下調湿材を敷きました。
床下はとても湿気がこもる空間です。昔は基礎に換気口があり、床下の空気を巡らせたかと思うんですが、最近は高気密高断熱が主流になり、基礎断熱を採用している所も多いかと思います。そうなると、床下は当然空気がこもりますよね。そこで、床下に調湿材を敷きます。なぜ空気がこもり、湿気ってる状態が良くないかと言いますと、湿気を好むカビや結露が発生してしまう可能性があるからです。今回はゼオライトを採用していますが、調湿材の特徴としまして、効果が半永久的に持続します。湿度が高いときに水分を吸って乾燥した時に吐き出す調湿性があります。他にも消臭効果などの利点の他に施工性も優れているということがあります。
デメリットと言えば、コスト面で少々割高となりますが、長い目で見れば採用することをお勧めします。また、基礎コンクリート打設後、しばらくはコンクリートから湿度が上がって来ることを考えると、調湿材を敷いた方が良いでしょう。ちなみに、写真の奥に見える丸い光は基礎内部で通気を取っているための穴です。50Φ程度の穴で、基礎工事の際、鉄筋を傷つけることもないため、特に基礎自体に問題はありません。
床下地工事の後は天井下地工事になります。

PAGE TOP