茨城県常総市にある設計事務所|1級建築士事務所 建築アトリエ 夢空間マツダ

OPENSYSTEM
オープンシステム

家を建てる選択肢として大きく分けて3つの方法があります。

①ハウスメーカーや工務店に設計も施工もお願いする。
②設計事務所に設計を依頼して、その設計図をもとに工務店に建ててもらう。
③設計事務所に設計を依頼し、お客様はその設計事務所のサポートを受けながら専門工事会社に直接依頼する。

主流となっているのは、工務店やハウスメーカーのモデルハウス等へ行くという流れや、雑誌で好みの家を見つけて問い合わせる、などでしょう。
いずれにしても①か②のパターンがほとんどです。
余談ですが、私たち設計事務所がある茨城県常総市近辺は、大工さんに直接建ててもらう、なんて話も多かったりもします。

私たち設計事務所がつくる家づくりは③つ目。お客様が直接専門工事会社に依頼をするオープンシステム(CM分離発注方式)という方法です。

高気密・高断熱の家づくりをするためには

ムダのない家づくりムダのない家づくり

オープンシステム(CM分離発注方式)とは何か?というと依頼主であるお客様が、工務店やハウスメーカーを通さずに直接専門工事会社と契約し家を建てていく
建築方法の事をいいます。とは言え、どうやってお客様が専門工事会社と契約したらいいのか、なんて分かる人はほとんどいません。
建築工事は、専門工事会社が複雑に係わり合いながら進んでいきますので、建築の知識を持たない方が行うのには無理があるからです。
そこで、お客様が私たち設計事務所に工事全般の監理業務を委託し、そのうえでそれぞれの専門工事会社と直接契約を結びます。
ちょっと難しく聞こえるかと思いますが、基本的には私たち設計事務所が、ハウスメーカーや工務店の行う業務を行いますので安心してください。

オープンシステム
一括請負

世の中では、農家さんから問屋やスーパーを介さずに新鮮な野菜や果物を直接買ったりすることも増えてきましたね。家づくりも同様です。
ハウスメーカーや工務店を介さなければ、ハウスメーカーや工務店の管理費・経費がなくなり、私たち設計事務所に支払う設計監理費に一本化されるため、
工事費用そのものが大幅に削減できる。若しくは、その分仕様のグレードアップや外構工事にまわす、など、家づくりに有効的に使えるという訳です。

オープンシステムの場合、いかにムダなコストがないか、ということです。実際にお家のどこにどれだけの費用がかかるのかが、お見積りの段階から明確になりますので、こだわりたい部分、抑えたいところを私たちと一緒に考えながら予算を最大限に引き出すことができるのも特徴の一つです。

一括請負

現場を支える職人さんのやりがい現場を支える職人さんのやりがい

実はオープンシステムでは、職人さんのおうちづくりに対する意識も変わってきます。
通常、職人さんは下請け業者となるため、どの様なお客様のおうちを建てているのかが分からずに家が完成します。オープンシステムの場合、お客様と直接工事請負契約をするので、お客様の顔が見え、お客様の思いを受け、住んでから住みやすいように、使いやすいようにとより一層考えます。
そのため、夢空間マツダがお願いしている職人さん達は、現場で「ここはこうしたらどうだろう?」の提案もしてくれます。
すると、より良い家づくりになるのは必然ですよね。

デメリットデメリット

オープンシステムにおいてのお客様の負担をあげると、工事着工から完成までの間、各専門工事会社へお振込みいただくことです。
出来高払い(各工事が完了した翌月の請求)になりますので、毎月のお振込みが少し面倒だと考えるお客様もいるかもしれません。
しかし、専門工事会社へのお支払いについては、その都度私たち設計事務所がサポートしていきますのでご心配はいりません。

想いをカタチにする想いをカタチにする

オープンシステムの良いところは価格が見えると言う透明化という点だけではありません。私たち設計事務所が設計監理を行うので、設計士である私たちがお客様との打ち合わせから見積り作成、各専門工事会社との打ち合わせ、工事工程の管理、現場の監理、アフターフォローまでの全てを行います。そのため、建築業界あるあるの伝言ゲームがないのです。

建築業界あるあるとは、ハウスメーカーの場合、営業、設計、現場監督とそれぞれ役割分担があり、分かれています。営業の人がお客様と打合せをし、
それを設計に伝え、またそれを現場監督へ伝える。こういった伝言ゲームです。
では、その打合せをする営業の人が、設計をし、現場まで監理できたらお客様の住みたいお家のイメージがカタチになると思いませんか?

私達は、打合せの時にお話しを聞きながら、この人はどんな家が好きなのだろう?とすでに頭の中で描いています。ハウスメーカーの営業さんもきっとそうでしょう。では、その営業さんが打合せ後、設計士さんに詳細を話すとします。設計士さんは、営業さんに、どんなイメージだった?と聞くでしょう。
聞いていくうちに、設計士さんも疑問点が出てきます。その疑問点に対して営業さんは全て答える事が出来るのでしょうか?全て答えるのは難しいでしょう。
そして、疑問点が曖昧なままプランを作成します。これが伝言ゲームです。
現場監督さんは、と言うとさらにこの先です。お客様が意図している理想の家づくりとは程遠くなってしまいますね。

私たちはプラン作成前に必ずご要望をメモしていただいています。生活習慣、お仕事、趣味、現在のお住まいの不満、などなど。どんな些細な事でも良いんです。
また、これは予算がかかるから無理だろうな。と言う事もメモしてもらいます。案外費用も掛からずに出来たりする事もあります。
そして最後に優先順位を付けていただき、後日打合せの際に、メモを見て、確認しながら事細かにヒアリングしていきます。

想いをカタチにする

意外と頭の中ではお家に対するイメージがあってもカタチにするのは難しいものです。
学校の勉強で先生の話を聞いてわかった!と思っても問題を解くと、??となることってありますよね。ヒアリングはとても家づくりにおいて重要な事なのです。

暮らし方から考える暮らし方から考える

私たちはお客様と話をしながらどんなものが好きなのか、どんな生活スタイルなのか、家づくりにおいて何を重視しているか、などを考えます。
家づくりの面白いところは同じお家は無い、ということです。多くの家族がいて、それぞれライフスタイルはもちろん違います。
みんなが良いと思っていても、その家族には不便であったりするのです。
多くの人が好きな素材もその人にとっては好きではないかもしれません。

みんなのいい=いい家ではないのです。

その人のライフスタイルに合った家づくりをするために私たち設計士がいます。
お家は長く住むものです。目先の良さではなく長期的に考え、
その家族にとって10年後も20年後もいい家か?を考えご提案していきます。

建築アトリエ夢空間マツダには3人の一級建築士がいます。
それぞれが分担して担当を持つわけではありません。3人の一級建築士全員でお客様の家づくりに取り組みます。プラン作成にあたり、1人は構造、省エネ等に関する目から、1人はデザイン、利便性、女性目線から、1人はベテランの経験ある目から、と3人で協議をしながら、それぞれの目線からお客様にベストなお家をご提案いたします。

高気密・高断熱の家づくりをするためには

無理な要望かもしれない、この予算では厳しいかも、などお客様自身の中で一線を引くのではなく、私たちにやりたいこと、叶えたいことのお話をお聞かせください。
是非私たちと一緒に家づくりを楽しみましょう。

PAGE TOP