茨城県常総市にある1級建築士事務所

BLOG
ブログ

自宅リフォーム4

2019.02.06

今日の茨城県常総市は雨。先日の雪に続き恵みの雨でしたね。

こんにちは。自然素材の家づくりにこだわる 建築アトリエ夢空間マツダ 一級建築士の松田直樹です。

自宅のプチリフォームの続きについてお話しします。

仕切りの壁が出来、いよいよ仕上げ工事です。と、その前に、肝心のフローリングについてお話しするのを忘れていました。
以前は合板フローリングでしたので、今回は足裏を暖かくするために杉のフローリングを張りました。杉は柔らかいくて、すごく暖かいです。無塗装でしたら尚更木の温もりを感じ取れます。デメリットと言えば柔らかいため、傷が付きやすい事、吸湿性がすごいので、乾燥の時期にフローリングの間がすき、湿気のある時期になるとその隙間が無くなる事です。私からすると傷が付いてもそれも味ですので、メリットと考えるんですけどね。
さらに今回は、現在の合板フローリングの上に杉のフローリングを張り、断熱性もアップです。
通常フローリング工事となると張り替えが一般的ですが、張り替えとなると、解体工事が入るためそのコストがかかります。今回はその工程が無いため、解体費用も掛かりません。唯一気になるのは、段差です。

フローリング

この様に見事に面をカットすることで段差が気にならなくなります。とは言え、実際使ってみてどうなのよ?と思いますが、15mmの段差でも全く不便を感じません。もしかしたら段差をあまり感じないような気がします。さすがは大工さんですね。

次回へ続く。

PAGE TOP