茨城県常総市にある1級建築士事務所

BLOG
ブログ

自宅リフォーム5

2019.02.13

今日の茨城県常総市は曇り。毎日寒いですね。今日は太陽が顔を出してないけど、風が無いからまだましですかね。

こんにちは。自然素材の家づくりにこだわる 建築アトリエ夢空間マツダ 一級建築士の松田直樹です。

自宅のプチリフォームの続きについてお話しします。

仕切り壁が出来て、どんな仕上げ材が良いのか?まず第一に考えたのは自然素材です。何が良いでしょう?と考えた時に候補にあがったのは羽目板、珪藻土、漆喰。
まずフローリングの羽目板が良い感じですし、余っていたので仕切り壁を羽目板にします。

壁羽目板

ってなわけで、大工さんに使える部分を分けてもらい、張ってもらいました。これを張ったら部屋中が木の香りであふれて、ついでに調湿効果もバッチリです。

壁羽目板完成

良い感じに仕上がりました。本当は自然塗料でオイル仕上げをしようと思いましたが、雰囲気が良かったのでこのままにして、飽きたらオイル仕上げで塗ることにします。
次は写真に見える石コウボード部分をどうするか?ついでにクロス貼りとなっている部分も、せっかくなので綺麗に仕上げるべきか??・・・と言うわけで、この機会を逃すと二度とやらなそうなのでクロス貼りの部分も何かしらの自然素材で仕上げようという事になりました。そこでいよいよ私の出番です。

パテ材

知り合いにパテを借りて来て、

パテ処理中

↑職人っぽいですかね(笑)
パテ処理(下地処理)をして、下地を平滑にします。何気にこの作業が重要でして、パテを盛りすぎるとペーパーをかけるのが大変。薄いと凹凸が出来てしまう。。。とまぁ、職人さんの大変さが実感できたわけです^o^

次回へ続く。

PAGE TOP