茨城県常総市にある1級建築士事務所

BLOG
ブログ

断熱材の必要性

2018.11.20

今日の茨城県常総市は晴れ。太陽が顔を出さないと寒いですね。

こんにちは。自然素材の家づくりにこだわる 建築アトリエ夢空間マツダ 一級建築士の松田直樹です。

もうすぐ12月。寒くなります。今回は断熱材の必要性につきまして書きます。

断熱材の必要性

皆さん、なぜ断熱材が必要だと思いますか?なぜ断熱性が求められると思いますか?
冬になると家の中にいるのに寒かったり、暖房をかけても暖まりが悪かったり。。昔皆さん感じたことがあるのではないでしょうか。基本的な事ではありますが、それを解消するために断熱材はあります。
それだけではありません。寒さによる健康被害も多いです。ヒートショックと言う言葉は聞いたことがあると思います。ヒートショックとは、暖かい部屋から寒い部屋へ行った時に、血圧が大きく変動することで、心筋梗塞や脳卒中などが起きてしまう事です。特に冬の寒い時期に、脱衣所で服を脱いで、浴室に入り冷たいタイルの上を歩いて熱い浴槽に入る。皆さん知らない方も多いかと思いますが、こう言った一連の流れによる浴室におけるヒートショックは交通事故の約5倍も起きています。お年寄りの方に限ることだけではありません。
これを防ぐためには、断熱性を高め、出来るだけ家の中の温度差を無くすことです。例年寒暖差が激しくなっています。より一層断熱材の重要性が求められる時代になりましたね。

PAGE TOP