茨城県常総市にある設計事務所|1級建築士事務所 建築アトリエ 夢空間マツダ

BLOG
ブログ

ラク家事スマートハウス(屋根下地工事)

2020.12.01

今日の茨城県常総市は晴れ。今日はぽかぽか陽気で暖かいですね。

師走です。師匠も走り回るほど忙しい。。とありますが、私はと言うと、最近午前中が忙しく、走り回り、電話も嵐のようになり。。午後はと言うと嵐が去ったように落ち着くわけです。こんな感じが続いていますので、午前中は頭がフル回転。午後はポカーンとのんびり、といった感じです。本当は午前中の忙しさを分散したいところですが、大体の場合、職人さんは朝のうちに用があり、早めに回答が欲しい。お客様などのメールも夜のうちに入っていることが多く午前中のうちになるべく返信。このサイクルは変わらないのでもう、一つのルーティーンになってるのかもしれませんね。

こんにちは。自然素材の家づくりにこだわる 建築アトリエ夢空間マツダ 一級建築士の松田直樹です。

屋根下地工事

棟上げが終わると屋根下地工事に入ります。屋根材を葺くための下地工事です。屋根下地においてはしっかりと通気を取ってあげることが大切です。しっかりとした設計通り、空気の流れを作り、逃がしてあげます。これは結露対策なのですが、もう一つ大切なのは屋根の防水シートです。写真はゴムアス系のルーフィングです。屋根材に入り込んでしまっても、この防水シートをしっかりと施工していれば問題ありません。
ここで、屋根の防水シートの施工時のポイントを説明します。
上下の重ね合わせは100mm以上取れているか?左右は出来ればつなぎを入れず1枚でいってください。やむを得ない時は200mm以上重ね合わせが出来るようにしましょう。下屋(簡単に言いますと、二階建ての家で二階が乗っていない平屋の部分)が出来た時は壁との取り合いの立上りは250mm以上とってください。しわや破れが無いかも確認してください。

次回は屋根仕上げ材についてお話しします。

PAGE TOP