茨城県常総市にある設計事務所|1級建築士事務所 建築アトリエ 夢空間マツダ

BLOG
ブログ

ラク家事スマートハウス(プラン編1)

2020.08.07

今日の茨城県常総市は晴れ。茨城県に熱中症警戒アラートが出ましたね。うちの中学生の息子も早々と部活から帰ってきました。

こんにちは。自然素材の家づくりにこだわる設計事務所 建築アトリエ夢空間マツダ 一級建築士の松田直樹です。

プラン編

今回の「ラク家事スマートハウス」ですが、写真のような傾斜地、そして林?森?を伐採しての計画となります。
個々の計画としまして、いかに傾斜地を利用して建てるか?と思いましたが、上に上がると、

傾斜地

この様に平らな部分が広がっているのでここへ計画する事が一番かと思います。写真はすでに竹を伐採した後ですが、竹の抜根をしっかりとやらないと大変なことになります。伐採し、十分に抜根します。
と、その前に、この地域はまず埋蔵文化財包蔵地に該当しますので、事前に市へ届出が必要となります。埋蔵文化財包蔵地とは、住居跡などの「遺構」、土器や石器などの「遺物」といった文化財が埋もれている土地(遺跡)のことを指します。協議の結果、試掘調査する事が決まりました。何気にこの届出から試掘、回答まで大分時間がかかる(数か月)ので、住宅の計画をしる時は、最初に確認し、しっかりと着工までの道のりを考えましょう。

試掘

これが試掘の様子です。考古学の先生がいらして地層などの調査をしていただきます。結果、今回は問題なく着工できます。
この埋蔵文化財包蔵地かどうかは、着工の遅れが予想されるため、早めに調べておくことをお勧めします。因みに、電柱などを建てる時も届け出が必要となりますのでご注意ください。

PAGE TOP