茨城県常総市にある1級建築士事務所

BLOG
ブログ

猫と暮らす2階リビングのシンプルハウス(給湯器2)

2020.04.25

今日の茨城県常総市は晴れ。今日はポカポカ陽気で暖かいですね。

こんにちは。自然素材の家づくりにこだわる 建築アトリエ夢空間マツダ 一級建築士の松田直樹です。

ハイブリッド給湯器

猫と暮らす2階リビングのシンプルハウスではどの給湯器を利用したか?ですが、その前にライフラインの確認です。

この地域は都市ガスの地域になっていますが、都市ガスを引っ張ってくるのに費用がかかります。恐らく数百万はかかるので、現実的ではありません。そのため、お客様の中での選択肢はプロパンガスかオール電化の2択となっています。お客様の中でこの選択が一番悩みました。結果プロパンガスになったのですが、決め手となった物があるのでそれは次回話します。

プロパンガスだと高いのでは?と思うでしょう。実際都市ガスよりプロパンガスの方が相当高いです。とは言え、このご時世、プロパンガス会社も頑張っています。今回はなんと都市ガスよりプロパンガスの方が安いプランにしました。なぜ?と思うかもしれませんが、10年契約プランってのがあるのです。(これは独自でやってるのかもしれません。)10年契約する代わりにガス料金を安くするっていうプランなのです。10年?と思うかもしれませんが、その家に住む限り30年以上住むのが一般的です。そのため10年の縛りも大したことないのでこれはお得です。また、プロパンガスの場合、工事費もかかりません。一方都市ガスは工事費がかかります。この辺も馬鹿にならない金額ですので比べるのに良いでしょう。

話がそれてしまいましたが、前回給湯器につきまして、電気、ガス、石油と話しましたが、最近出てきて主流となりつつあるのがハイブリッド給湯器です。
ハイブリッド給湯器:簡単に言いますと、電気とガスのいいとこどりをした給湯器です。電気のヒートポンプは少ない電気量でお湯を沸かします。タンクユニットにはエコジョーズが入っていて、使いたい分だけガスで給湯するという画期的な給湯器です。今回はそれに温水循環式床暖房を付けました。床暖房は電気代がかかりますが、今回のハイブリッド給湯器と併用することで、非常に省エネとなっています。
ハイブリッド給湯器のメリットは、状況に応じて電気、ガスと効率の良い方で沸かしてくれるため、非常に省エネであることです。災害時、ガスが止まれば電気を使用し、停電になったらガスを使用できます。まさに画期的ですね。デメリットはイニシャルコストが高いと言うことです。とは言え、ランニングコストを考えるとお得ですね。

PAGE TOP