茨城県常総市にある設計事務所|1級建築士事務所 建築アトリエ 夢空間マツダ

WORKS
施工例

狭小地に建つ都市型住宅

周りが家に囲まれた、狭小地に建つ23坪のガルバリウムの家。光が差し込む明るい2階に、家のメインとなるみんなが集まるリビングを配置。
狭小地でも明るく、開放的な家。そして木を使い、壁は漆喰塗りの家族が落ち着ける空間に、がテーマです。

空間を最大限に、有効的に活用できる外断熱工法の特徴を生かし、2階の天井は屋根の勾配なりに勾配天井としました。
勾配天井にすることで通常の天井よりも高く、広く感じます。また、天井は杉の板張りですので、ほんのりと香る木に癒されます。

リビングの天井はキッチンの天井とあえて高さを変えて、落ち着く空間にしました。リビングの上にはロフトがあります。
ロフトへ上がる階段はストリップ階段にすることで開放感が増します。
ロフトは、リビングとまた違って山小屋のような空間です。秘密基地のようなロフトは人気があります。
机を置いて勉強部屋にしたり、お父さんの秘密基地にしたり…使い方はそれぞれ。夢がふくらむ空間です。

ロフトの床は無塗装の無垢の杉材を使用しました。無塗装の無垢フローリングの特徴は足触りがとてもやわらかく、
梅雨のじめじめした時期や夏の暑い時期でも足元はさらりとしています。反対に冬の時期は部屋の暖かい空気を含み、底冷えしません。

周りを家に囲まれた狭小地では、バルコニーは第2のリビングとして大活躍します。休日に家族でゆっくりとくつろげるように、
デッキ材を床に敷き、外でご飯を食べたりお茶をしたり…狭小地での楽しみ方、くつろぎ方です。
年に1度、家の近くで行われる花火もこのバルコニーから楽しむことが出来ます。

設計データ

所在地 茨城県常総市 竣工 2007年5月
建築面積 43.06㎡(13.00坪) 延床面積 76.73㎡(23.16坪)
構造 木造/2階建て 規模 住宅
断熱 外断熱通気工法 その他
PAGE TOP