茨城県常総市にある設計事務所|1級建築士事務所 建築アトリエ 夢空間マツダ

BLOG
ブログ

基礎止水材

2020.10.21

今日の茨城県常総市は晴れ。過ごしやすい一日でしたね。

先日、息子が試合の時の冷たいご飯が何とかならないのかと言うことで、早速ネットで購入しました。確かに冷たいご飯は結構テンションが下がりますよね。ですので、保温力第一で考え、ついでにスープポットも購入。今は色んなものがあるんですね。私は昔ワッパ弁当箱が欲しかったけど、息子の保温力を見たらもしかしたら、そっちの方が欲しくなってしまうかもしれません。

こんにちは。自然素材の家づくりにこだわる 建築アトリエ夢空間マツダ 一級建築士の松田直樹です。

ナルストップ

ベースのコンクリート打設が終わると立上りの型枠組みに入るのですが、その前に、今回は ↑ の写真の基礎止水材を使用しました。その名はナルストップ。
住宅の基礎の大半はべた基礎が多いのですが、基礎の手順としまして、ベースコンクリートを打設し、その後立上りコンクリートを打設するのが一般的です。するとベースと立上りは一体とはならないので、打ち継ぎ面が生じます。打ち継ぎ面とは、いわゆるコンクリート同士の接着面です。その打ち継ぎ面からの雨水の侵入を防ぐために、この止水材を使用します。
具体的に説明しますと、例えば、この打ち継ぎ面より外部が高くなっていたりすると、雨が降った時にこの打ち継ぎ面から雨水が侵入します。すると、床下に雨水がたまり、カビが発生し、シロアリなどの好きな空間となってしまいます。このナルストップを使用する事により、雨水の侵入を防げるので一安心です。ナルストップはアスファルト系エマルジョンの接着力、防水性を利用した打継止水剤です。コンクリートと強固に接着し、コンクリート打継界面を防水・止水します。

止水材

使用方法はコンクリート表面のホコリ等を掃除し、 ↑ 写真の様に鉄筋の外側(外壁側)にナルストップを塗り付けるだけです。
止水の方法としまして、他にも止水プレートや塗膜を防水する方法があるのですが、このナルストップが施工性やコスト面を考えると一番いいかもしれませんね。

PAGE TOP